元旦と元日の違いと意味、使い方を間違っているかも?

新年の挨拶をするとき、特に年賀状などで「元旦」とか「元日」という言葉を使うことがあると思いますが、それぞれの言葉の意味には違いがあります。

明けましておめでとうございます!今年もまた1年、どうぞ宜しくお願い致します。

新年の挨拶をするとき、特に年賀状などで「元旦」や「元日」という言葉を使うことがあると思います。同じように使われることも多いこの2つの言葉ですが、実はそれぞれの言葉の意味には違いがあります。

元旦と元日の違いと意味、使い方を間違っているかも?

元日(がんじつ)とは ・・・ 1年の一番最初の日、1月1日のことを指します。

元旦(がんたん)とは ・・・ 1月1日の朝のこと。つまり、元日の朝が「元旦」。

元旦の「旦」の字に含まれている、日には“太陽”の意味があり、その下の「一」は“地平線”を指しています。「旦」の字は地平線から昇る太陽(日の出)を表現されている文字のため、「元旦」は「1月1日の朝」という意味になります。

ads

謹賀新年や迎春など、「賀詞」でヒンシュクかう事も?!

年賀状を自宅のパソコンで作り、プリンターで印刷して作る人も多いと思います。

年賀状素材がCDに収録された本なども、沢山売られていますし、その中にある素材を何気なく感覚でチョイスして年賀状を作ることも多いのではないでしょうか。

しかし、賀詞(お祝いの意を表す決まり文句)にもそれぞれ意味があるだけでなく、送る相手の立場によって相応しくないものもあるので、注意が必要です。

謹賀新年や迎春など、賀詞の使い方と意味

よく使われる賀詞には、以下のようなものがあります。

1文字の賀詞
・寿 (めでたい)
・福 (幸せ)
・賀 (祝い)
・春 (新年、年の初め)

2文字の賀詞
・賀正 (正月を祝う)
・賀春 (新年を祝う)
・頌春 (新年をたたえる)
・迎春 (新年を迎える)
・慶春 (新年をよろこぶ)
・初春 (新しい年、年の初め)

4文字の賀詞
・謹賀新年 (謹んで新年をお祝い申し上げます)
・謹賀新春 (謹んで新しい年をお祝い申し上げます)
・恭賀新年 (うやうやしく新年をお祝い申し上げます)

などなど。これらの中で「相手が目上の場合」に使わないほうが良いのは、1文字と2文字の賀詞。NGな理由は、相手に対する敬意や丁寧さに欠けている言葉のため。

A Happy New Yearも間違っていた!

賀詞はもともと4文字からなる言葉が基本なのだそうで、4文字の中には「謹(謹んで)」「恭(うやうやしく)」「敬(尊んで)」「頌(ほめたたえる)」という、敬意を払った言葉が含まれているのですが、

1文字・2文字の賀詞は、これらが省略されているため、目上の人に出す年賀状などには不向きということになります。

また、よく使う「Happy New Year」は「新年おめでとう」という意味で目上の人にも使える言葉ですが、

「A」をつけて「(I wish you)A Happy New Year」にしてしまうと、「よいお年を」という意味(年が明ける前に使う言葉)に変わってしまうため年賀状には使えないのだとか。これもよく間違って使用されている事が多いため、要注意です。

via.All About / 日本文化いろは事典

ads


あわせて読みたい

edit 『 雑記 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP