カープを熱烈応援 スタンプ

   公開:2021/07/13 Mika Itoh │更新:2021/07/13

広島もロケ地!西島秀俊 主演「ドライブ・マイ・カー」村上春樹の小説を映画化

  •  
  • シェアする
  • LINEで送る
  • 広島県 ロケ地ガイド

村上春樹の小説を映画化した「ドライブ・マイ・カー」が8月より公開。広島県はロケ地として広島市・呉市・東広島市などの街並みが多数登場します。出演は西島秀俊・三浦透子・霧島れいか・岡田将生ほか。

映画「ドライブ・マイ・カー」が、2021年8月20日より全国公開となります。

「ドライブ・マイ・カー」は、村上春樹の同名短編小説を、西島秀俊 主演、濱口竜介監督で映画化。愛する妻を失った舞台俳優の計り知れない喪失と、仄かな希望が描かれています。

広島もロケ地に!西島秀俊 主演「ドライブ・マイ・カー」村上春樹の小説を映画化
映画「ドライブ・マイ・カー」で撮影が行われた広島ロケ地

この作品では広島県内で多数ロケが行われており、90秒の短い予告動画の中にも、広島市内や海辺の風景などが登場しています。

映画「ドライブ・マイ・カー」あらすじ・予告動画

あらすじは以下。

舞台俳優であり、演出家の家福悠介(西島秀俊)。彼は、脚本家の妻・音(霧島れいか)と満ち足りた日々を送っていた。しかし、音(霧島れいか)はある秘密を残したまま突然この世からいなくなってしまう――。 2年後、演劇祭で演出を任されることになった家福(西島秀俊)は、愛車のサーブで広島へと向かう。そこで出会ったのは、寡黙な専属ドライバーみさき(三浦透子)だった。 喪失感を抱えたまま生きる家福(西島秀俊)は、 みさき(三浦透子)と過ごすなか、それまで目を背けていたあることに気づかされていく…。

以下は90秒の予告ムービー。

広島のロケ地スポット

予告動画の中には、広島でロケ地となった吉島釣り公園(広島市)、中工場(広島市)、安芸灘大橋(呉市)、広島高速4号線(広島西風新都線:中広~大塚東)の風景が登場しており、

県観光連盟等によるとこの他にも、とびしま海道の風景や、御手洗エリア(呉市/大崎下島)、広島国際会議場(広島市中区)、芸術文化ホールくらら(東広島市)などもロケ地になったとのこと。

出演者は、西島秀俊・三浦透子・霧島れいか・岡田将生ほか。
広島県内では、イオンシネマ広島西風新都TOHOシネマズ 緑井福山駅前シネマモードにて2021年8月20日より公開されます。

©2021「ドライブ・マイ・カー」製作委員会

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
   


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島県 ロケ地ガイド 』の一覧

ads